警備スタッフ空き状況

8月

      1 2 3 4
      - - - -
5 6 7 8 9 10 11
- - - - - - -
12 13 14 15 16 17 18
- - - - - -
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

9月

            1
           
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
           
  • ○:空き
  • △:わずか
  • ×:空き無し

お取引先企業様は、
システム警備員空き状況をご確認いただき、
Webから警備員の手配依頼が可能です。
是非ご活用ください。

交通誘導警備・雑踏(イベント警備)は、
ディースタッフにお任せください!

交通誘導の例えばこんな時

建設現場や道路工事現場において、
通行車両や歩行者の誘導・作業用車両の誘導してほしい!
忙しい現場監督の手元の派遣してほしい!

雑踏(イベント)警備の例えばこんな時

コンサート会場、各種イベントなどには、大勢の人が押し寄せます。
トラブル・事故など危険がいっぱいです!

検定配置路線について

警備員等の検定等に関する規則(平成17年国家公安委員会規則第20号)第2条で、高速道路国道又は自動車専用道路で交通誘導警備業務を行う場合、その他の道路は公安委員会が認定したものについて1級又は2級検定合格警備員を1人以上配置させなければならないと規定されています。

各都道府県による認定路線は「神奈川県」「東京都」「千葉県」「埼玉県」を参照してください。

道路内における規定場所の基準は、「歩道」も配置路線に含まれており、歩道だから検定は必要無いというのは間違いです。
また、対象とされる道路から進行(進入)してくる車両の誘導にも検定配置路線の規定が適用されるとの見解を公安委員会から指摘されております。すなわち、検定配置路線に係る周辺道路の交差点付近での誘導についても同様となります。 工事関係者様はご注意ください。

検定配置路線のエリアマップ

関東(神奈川・東京・千葉・埼玉)を中心にした広域な警備範囲が特徴です。

警備員のご依頼について

お客様の

  • 業務効率化
  • コストパフォーマンス
  • 品質向上!
  • 業務効率化 → 必要な時に、必要な期間だけ、必要な人材を、必要な人数
  • コスト削減 → 人件費を抑えたい!求人広告費を抑えたい!教育費用を抑えたい!
  • 品質向上 → スキル・経験のある質の高いスタッフを派遣
  • 迅速な対応
  • スタッフの教育
  • 派遣後のフォーロー体制
  • 迅速な対応! → お客様のニーズをいち早く理解し、的確な人材を派遣
  • スタッフの教育 → お客様へ派遣するスタッフは、ディースタッフでの教育を受け・・・
  • 派遣後のフォロー体制 → お客様に安心して頂けるバックアップ体制

就業中は、担当者がお客様と派遣スタッフ双方に綿密にコミュニケーションをとり、業務遂行に関するさまざまな課題を迅速に解決し、必要に応じてご提案させていただきます。

お電話でのお問い合わせ

0120-80-8624

フリーダイヤル ハロー!24時間!

メールでのお問い合わせ

お問い合わせメールフォーム